qrcode.png
http://www.uni-cos.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社ユニコス
〒210-0814
神奈川県川崎市川崎区台町3-17
TEL.044-277-0890
FAX.044-277-0891
005975
 

防水工事

   
防水工事にはたくさんの種類及び工法があります。建物の形状や劣化の状況により適した工法や材料は変わってきます。それらを適切に判断するには専門の知識と経験が必要になります。ユニコスでは担当者による的確な現場調査により現場に適合した工法及び材料での工事仕様をご提案させて頂きます。
   
屋上ウレタン塗膜防水(脱気工法)
昨今、屋上修繕工事で多く使用されているのがウレタンによる塗膜防水です。完成後はシームレスで美観もよく耐久性もあります。ウレタン塗膜の下に脱気シートを用いれば躯体内部の湿気を外部に逃がすことができます。
工程は、既存の防水仕様にもよりますが、高圧洗浄、下地補修から始まり、既存目地撤去、シール打替、立上り部防水シート撤去、プライマー(接着剤)塗布、脱気シート貼付け、立上り、架台等メッシュシート補強、脱気筒取付平場、立上りともウレタン塗膜厚を確保しながら 1層目2層目と2回塗布します。
ウレタンが完全に硬化しましたら、仕上げに保護塗装ウレタントップコートを塗布して完了となります。
   
バルコニーウレタン塗膜防水工事(密着工法)
マンションの修繕工事に多いのがバルコニーのウレタン塗膜防水です。バルコニーの場合密着工法といって下地補修の後、床・巾木にプライマー(接着剤)を塗布し、ウレタン防水材を1層2層と2回塗布します。
ウレタンが完全に硬化しましたら仕上げに保護塗装のウレタントップコートを塗布して完了となります。バルコニーウレタン塗膜防水工事の場合、施工期間中(通常4日程度)バルコニーの利用及び出入りができなくなるという不便をおかけしますが、チラシ等で工程をお知らせする一方、職人もスピーディーな仕事ができるよう、心がけております。
   
共用廊下防水工事(ウレタン塗膜防水・塩ビシート併用)
マンション等の外部共用廊下でよく施工してあるのが、ウレタン塗膜防水と塩ビシートの併用です。塩ビシート美観耐久性、安全性にすぐれており、しっかり施工すれば防水効果もあります。
既存の塩ビシートが貼ってある場合は撤去して下地補修行い、側溝・巾木にウレタン塗膜防水を密着工法で施工します。ウレタン塗膜防水硬化後トップコートを塗布して塩ビシートを接着剤で貼りこみます。貼り終えた後は、端末部分とジョイント部分に専用のシール材を打って完了です。
塩ビシート施工中は、一時的に廊下が通行不可になる場合がありますが、チラシ等でのお知らせと極力短時間で済ませる様努力します。
   
外部階段防水工事(ウレタン塗膜防水・塩ビシート併用)
外部階段も共用廊下と同じ工法、工程で施工が出来ます。
階段や踊場には、メーカーで開発されている専用の塩ビシートがあり、施工時間の短縮につながっています。
塩ビシート施工中は、一部階段が一時的に通行不可になる場合がありますが、チラシ等でお知らせいたします。
 
 
 
<<株式会社ユニコス>> 〒210-0814 神奈川県川崎市川崎区台町3-17 TEL:044-277-0890 FAX:044-277-0891